IMG_2893.JPG

silk SCREEN print

シルクスクリーン印刷とは

シルクスクリーンはセリグラフとも呼ばれ、版画や印刷技法の一種で版に絹が使われたことから
この名があります。現在では絹の代わりにテトロンやナイロンなどが一般的に使われています。

仕組みとしては、四角い木枠やアルミ枠に、紗(絹及びテトロンなど)を貼り、紗の面にインクを通す
部分と通さない部分(紗に目止め加工をする)とを作ります。これがシルクスクリーンの版となります

 

 

 

ガンケロゴや好きな絵で、シルクスクリーンワークショップ開催、当日は描いた絵で缶バッチ制作もおこないます。