カムイロキとフレウの神話


 

毎日、何気なく目にしている屈足湖のガンケ(崖)

小さい頃から、ひっそりと、いつもそこに在りました


 

大人になってから、ふと調べてみると

そのガンケは、かつてアイヌ語でカムイロキ(神の座)と呼ばれ

忘れられた神話があることを知りました

神話によると、そこにはフレウという巨鳥が住んでいたそうです


 

湖に映える、静かで大きなガンケと、フレウの神話

あまりにも近すぎて、気づかなかったモノたち


 

私たちにとっての「ガンケ」のような存在を

みなさんも見つけられる一日になりますように


 

TORIxSADA