ヴォーカリスト松下映里子を中心に、その時々で流動的に変化していくユニット。
えりこ と ミュージシャンズ。
えりこ と オーディエンス。
ジャンルを超えたミュージックを、えりこの言の葉で。


《松下映里子》

学生時代は合唱で歌の基礎を築く。
18歳よりバンド活動を始め、道東を中心に活躍。
ポップス、ソウル、ファンク、ジャズ、オルタナティブなど、変幻自在に歌い回し、圧倒的な存在感を放つ。
日常を落とし込んでいくオリジナル曲は、時に温かく、特に鋭く、聴く者や演奏する者の心を震わし「和」をもたらす。